誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物金型用の鋳造機取付板・引抜装置を載せる大物板加工

投稿日:

本日は金型にはつきものの板部品。こちらの加工をご覧いただきます。

 弊社は1mを超えるような大物の板部品、特に金型の部品では、
油圧シリンダーの引抜装置が載るような場合です。

そういった大物の板、厚み35~30㎜の大物の板加工が得意です。

今ご覧いただいている板は800x400ほどの中くらいの大きさの板の
座繰り加工をご覧いただいております。

また、1000x1000といった大物の板も、
弊社との協力工場がすく近くにございますので、
材料の注文から加工・そしてお客様への直接の納品まで、
短納期・低コストでご提供させて頂いております。

 金型の部品の中でも、今回のような大物の板部品は、
更新型があっても引き続き使えるものではありますが、
お客様にとっては、低コスト・短納期を特に望まれる部品になります。

“大物の板加工だけお願いしたい“ 
”金型ではなく大物の板だけ加工してもらいたい“
そう言ったご要望でも結構です。
是非弊社にご相談ください。

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

社長の休日 ドライブ 秘湯

  以前から行きたいと思っていた 日本秘湯を守る会の 秘湯 坂巻温泉に 行ってきました

PSL-550 CNC旋盤 ねじ切りプログラム

PSL-550 CNC旋盤 ねじ切りプログラム 鋳造から加工・納品までの一貫サービス 鋳造業者の廃業 素材図面がない データがない 現物しかない アセンブリ設計

伊豆ツーリング 金型の設計と製作 アルミ鋳物 低圧鋳造金型 鋳造品の受託生産・加工

有限会社 誉工業所 長野県上田市御所133-1 ☎️0268-22-7826 誉工業所ホームページ http://www.homale.co.jp LINEで気軽に聞いてみる!➡️http://nav …

アルミ鋳物 STL/ポリゴンデータの実際と面修復作業の必要性 ATOS 3Dスキャナー

スキャニングされたアルミ鋳物の形状を確認し、 大きな面の欠落等がなければ スキャニングされたデータをポリゴン化します。 このポリゴンデータの拡張子は .STLとなります。 ポリゴンデータには、どうして …

アルミ鋳物 ATOS 3DスキャンデータとCADデータの基準軸合わせ

前回同様、面落ち箇所が存在するSTLデータの穴埋めをご覧いただきます。 一つひとつ、周りの形状を考慮して穴埋めを行っていきます。 づついて、この作業が終了しましたら、このSTLデータに対して、元々でき …