誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

誉のものづくり丸投げサービスとは

投稿日:

鋳造の困った!を解決に

弊社の「ものづくり丸投げサービス」は昨年2021年の「型技術」という専門誌の中の
「変化の時代を生き抜く!金型メーカーの地域連携・協業のポイント」という
特集の中でも紹介されました。


弊社の「ものづくり丸投げサービス」が、他社の行っている、
いわゆる“協業”と大きく違う点は、この本の中でも紹介されております通り
「鋳造メーカーとの上下関係のない協業」という事です。

 もちろん、弊社のような金型メーカーが、いくら金型を作りたいといっても、
鋳造メーカー側にも、その金型を鋳造することによって得られる
メリットデメリットを考慮するのは当然ですので、
お客様からのご要望に、すべて無条件でお応えできるわけではございません。

しかし、「金型の設計・製作から鋳造・納品」という一連の流れの中で、
お客様が享受することのできる「クオリティー・プライス・レスポンスやサービス」において、
他社の行っている、単なる“協業”とは全く異なるものであることを強調したいと思います。

 更に弊社の「ものづくり丸投げサービス」が画期的であるのは、
このコロナ禍において、国の補助金等を用いて、
「新しくアルミ鋳物事業を始めよう」とお考えになられている会社様の、
いわば“コンサル業務”も行っている点です。

一見この「ものづくり丸投げサービス」と相反する、
いわば“逆に自分たちの競合を育成するようなことになるのでは?”
と思われる様な業務内容かもしれません。

しかし、そこがまた、弊社と鋳造メーカーとの“真の意味での協業”である所以で、
他社の協業と大きく異なる点なのです。

 弊社の行う「ものづくり丸投げサービス」は、
「アルミ鋳物金型の設計・製作」事業と「グラビティ鋳造・低圧鋳造」と呼ばれる鋳造事業。

そして、それら鋳造に用いられる「シェル中子成形」
事業の3つの大きな柱から成り立っています。

「金型の設計・製作から鋳造・納品まで」を
“一気通貫で行う”これが弊社の「ものづくり丸投げサービス」です。
もちろん、アルミ鋳物の加工や熱処理、品質検査等にも対応しております。

 更に、この大きな3つの柱の事業の「枝葉」となる事業に、
「図面もデータもない、アルミ鋳物の現品しかない」ですとか、
「今まで協力してくれていたアルミ鋳物メーカーの廃業等で、
新しい鋳造先を探している・転鋳を考えている」と言ったお客様のニーズにお応えする事業。

そして、冒頭にもお話しした「鋳造コンサル業務」の二つの事業です。

 前者の様なお客様のご要望には、弊社の持つドイツ製ATOS3Dスキャナーと
Tebisのリバースエンジニアリングシステムが大きな力を発揮します。

しかし、このリバース事業は、単にお金をかけて、
設備だけすれば出来るというものではありません。
弊社のように半世紀にわたり“外観意匠モデリング”を行ってきた金型屋だからこそ 
“最新のリバースモデリング技術と融合した高品位な鋳造金型”を、
お客様にご提供することが可能であると考えております。

 そして「鋳造コンサルタント」事業におきましては、最近の事例として実際に、
お客様からご依頼を頂き、弊社で金型の設計・製作を行い、
協業するアルミ鋳物メーカーにおいて、試作鋳造を行った経緯がございます。

更にこの会社様には、鋳造における様々なノウハウをご提供させて頂いた実績もございます。

元々アルミ関連事業を行っていたお客様はもちろんの事、
コロナ禍で新規事業を立ち上げるといったお客様にとっても、最短でこれを実現可能にします。

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

3Dスキャナー

古い小ロット鋳物の金型 廃業してしまった会社で作ってもらったものを再生したい

古い小ロット鋳物の金型 廃業してしまった会社で作ってもらったものを再生したい   そんなリクエストが多かったので それに対応するために ATOS CORE300 3Dスキャナーを導入しました …

Tebisのリバース・CAD融合面とSTLデータの基準合わせと比較

最終的に出来上がったCADデータと、3Dスキャナーで取り込んだSTLデータに軸合わせを行い重ね合わせ、 どのような違いがあるのか。 現品と製作したCADモデルにどんな違いがあるのか、 どこをどの様に修 …

TebisのリバースエンジニアリングとSTLデータの面張りの注意点

Tebisのリバースエンジニアリングシステムを用いて新しく面を張り直す工程をご覧いただきます。 図面も3Dデータもない、アルミ鋳物の現品しかない、それをスキャニングして得られた面は、 その金型の古さや …

アルミ鋳物金型 特殊部品の放電加工・加工基準設定

前回の続きです。芯出し球を使い加工原点を設定します。 この芯出し球は、計測球と呼ばれるものがφ10mm。芯出し球と呼ばれるものがφ6mmとなっています。 お互いの「左右X軸座標」「前後Y軸座標」最後に …

新潟県の製造業様とのリアル商談会・展示会 上越市

新潟県は、昔から製造業の盛んな所です。新潟の製造業の方とのつながりを構築すべく、昨年11月、リアル商談会&展示会に出席しました。