誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

牧野フライスV56による高速切削荒加工・高速切削の工程とエンドミル

投稿日:

今月は弊社で日常行っている仕事の様子をご紹介していきたいと思います。
本日は弊社で導入しております「牧野フライスのV56」という高速加工機。
こちらの作業をご覧いただきます。

今ご覧いただいている加工はφ20のフルバックによる、
アルミ鋳物用グラビティ金型の一番最初の“粗取り加工”をご覧いただいております。

 弊社の標準的な金型高速加工においては、
まずφ30 φ20のフルバックによる粗取り加工を行います。
続いてφ10 φ6 φ4とラジアスのエンドミルにより、粗取りから中止上げまでを行います。

 材質は一般的にSKD61になります。シェル金型などですと、
S50CですとかS45Cを用いて加工を行います。

 粗取りの工程は削りくずが非常に多く排出される工程です。
特にパーティングの段差が多い金型においては、非常に削り込む量が多くなってきます。
途中で作業者が切りくずの量を確認しながら、作業を行います。
 

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

アルミ鋳物 ATOS 3DスキャンデータとCADデータの基準軸合わせ

前回同様、面落ち箇所が存在するSTLデータの穴埋めをご覧いただきます。 一つひとつ、周りの形状を考慮して穴埋めを行っていきます。 づついて、この作業が終了しましたら、このSTLデータに対して、元々でき …

駒出池キャンプ場でジムニーとキャンプ飯

かなりキャンプ慣れして 今回は豪華なキャンプ飯です。 ぜひ動画をご覧ぐたさい。 パンもふっくら パエリア、ハンバーグも とても美味しく作れました。  

ATOS 3DスキャナーとTebisリバースシステム 弊社と計測メーカーの違い

弊社が掲げる「誉のものづくり丸投げサービス」の一翼を担う “リバースエンジニアリング”のパンフレットが完成いたしました。 「誉のものづくり丸投げサービス」掲げる弊社の最大の目的は 「図面もデータもない …

ATOS 3Dスキャナー 金型部品のスキャンニング シェル中子の巾木部 クリアランスの違いを測定

シェル中子の金型の巾木部分。こちらの金型部品の 3Dスキャナーによる実際の測定をご覧いただきます。 シェルの巾木部分の谷間の形状。3Dスキャナーから 見ずらい谷間の形状がありますので、こちらもきちんと …

アルミ鋳物金型 複数部品の放電加工とワークの芯出その工夫

前回に引き続き、ワークの「X、Yの座標値」を測定をご覧いただきます。このワークはX方向の基準面が約98mmありますので、片側10mm程度の計測球の移動のためのクリアランスを見て、自動でXが118mm絶 …