誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物金型 特殊部品の放電加工・加工基準設定

投稿日:

前回の続きです。芯出し球を使い加工原点を設定します。
 この芯出し球は、計測球と呼ばれるものがφ10mm。芯出し球と呼ばれるものがφ6mmとなっています。
 

 お互いの「左右X軸座標」「前後Y軸座標」最後に「Z軸座標」を“ピッ” “ピッ”と互いが接触すると鳴り、計測します。
 これを2~3回ほど繰り返します。これを行うたびに「X座標、Y座標、Z座標」を「0」ゼロにリセットします。
 

 続いて計測球を「Zの基準面」に当てて、芯出し球からの「Zの高さ」を計測します。
 これもそれぞれ異なる面を測定し平均値をとるようにします。
 

 これが済んだら次にワークの「X、Yの座標値」を測定します。今回のワークは3つありますが「Z基準」は同じになります。しかし、前回の動画でもお話しした通り、「X、Yの座標値」は3つともそれぞれに異なりますので、これを一つづつ計測していきます。
 

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

アルミ鋳物金型用の鋳造機取付板・引抜装置を載せる大物板加工

本日は金型にはつきものの板部品。こちらの加工をご覧いただきます。 弊社は1mを超えるような大物の板部品、特に金型の部品では、 油圧シリンダーの引抜装置が載るような場合です。 そういった大物の板、厚み3 …

駒出池キャンプ場でジムニーとキャンプ飯

かなりキャンプ慣れして 今回は豪華なキャンプ飯です。 ぜひ動画をご覧ぐたさい。 パンもふっくら パエリア、ハンバーグも とても美味しく作れました。  

ジムニーでも林道へ

ジムニーをいろいろ カスタマイズしたので やはり凸凹道を走りたくなり 林道へ やはりこういうときは マニュアルが良いですね。

Dトラにガソリン予備タンク取付

3Dスキャナー

古い小ロット鋳物の金型 廃業してしまった会社で作ってもらったものを再生したい

古い小ロット鋳物の金型 廃業してしまった会社で作ってもらったものを再生したい   そんなリクエストが多かったので それに対応するために ATOS CORE300 3Dスキャナーを導入しました …