誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物 ATOS 3DスキャンデータとCADデータの基準軸合わせ

投稿日:

前回同様、面落ち箇所が存在するSTLデータの穴埋めをご覧いただきます。
一つひとつ、周りの形状を考慮して穴埋めを行っていきます。

 づついて、この作業が終了しましたら、このSTLデータに対して、元々できている、
参考になる3DのCADデータ。
こちらを取り込んでいきます。

そして、このCADデータに予め設定されたX Y Zの基準、
これにSTLデータの基準を合わせる作業を行っていきます。

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

ホームページをリニューアルしました。

ホームページをリニューアルいたしました。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

no image

誉のものづくり丸投げサービス Tebis社製 リバースエンジニアリング導入

誉のものづくり丸投げサービス Tebis社製 リバースエンジニアリング導入

大物アルミ鋳物金型のマスター電極の磨き

大物アルミ鋳物金型のマスター電極の磨き

リバースエンジニアリング・STLデータの修正 鋳造業者の廃業 素材図面がない データがない 現物しかない

リバースエンジニアリング・STLデータの修正 鋳造業者の廃業 素材図面がない データがない 現物しかない 一度、弊社にご相談ください

誉パンフレット

弊社パンフレットをリニューアルしました

パンフレットが古かったので この度新しいのを作成しました。   三つ折りで情報が満載です。 欲しい方はぜひ一言メッセージを ください。 お待ちしています。