誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物 ATOS 3DスキャンデータとCADデータの基準軸合わせ

投稿日:

前回同様、面落ち箇所が存在するSTLデータの穴埋めをご覧いただきます。
一つひとつ、周りの形状を考慮して穴埋めを行っていきます。

 づついて、この作業が終了しましたら、このSTLデータに対して、元々できている、
参考になる3DのCADデータ。
こちらを取り込んでいきます。

そして、このCADデータに予め設定されたX Y Zの基準、
これにSTLデータの基準を合わせる作業を行っていきます。

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

2020年 お礼とご挨拶

2020年 お礼とご挨拶 皆様 今年も一年お世話になりました。 少し早いですがご挨拶させていただきます。 来年もどうぞよろしくお願い致します。

アルミ鋳物 STLデータを金型化するリバースエンジニアリング技術

アルミ鋳物 STL/ポリゴンデータの実際と面修復作業の必要性 ATOS 3Dスキャナー スキャニングされたアルミ鋳物の形状を確認し、 大きな面の欠落等がなければ スキャニングされたデータをポリゴン化し …

ネット集客コンサルタント 菅谷信一さんとの対談

ネット集客コンサルタント 菅谷信一さんとの対談 昨年半年学んだ経営塾の 菅谷信一さんと対談しました。 動画をご覧ください  

ATOS3Dスキャナーによるシェル中子の3次元測定の準備と工夫

ATOS 3Dスキャナーで、初めて シェル中子の測定を行いました。 砂で成形された物ですので、一工夫 しました。 誉の3Dスキャナー➡️https://peraichi.com/landing_pag …

紅葉と海へ ツーリング

先週末ツーリングへ 今回は二人で 山はすっかり紅葉していました。 そのまま思い出の海へ 動画をご覧ください