誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物のSTLデータとTebisのリバースエンジニアリングの面張り

投稿日:

ATOS3Dスキャナ-で取り込んだSTLデータを、Tebisのリバースエンジニアリングシステムを用いて、
部分的にフェースを張り替える作業をご覧いただきます。

 今回お客様からご依頼いただいたのは、
「ある製品の一部分の形状を、新しく金型製作する製品形状に付け加えてほしい」とのことでしたが、
「その付け加えてほしい製品は図面がなく、アルミ鋳物の現品しかないため、ATOS3Dスキャナーで形状を取り込んでほしい」ということで、この作業を行いました。

部分的に形状を取り込んで、面を張り直すという作業を行うわけです。

 STLのリバースエンジニアリングを行うにあたり、“アルミ鋳物の現品をスキャニング”するわけですが、
この“現品のスキャニング”というところが、ポイントになってきます。

このアルミ鋳物も、当然のことながら、“ある金型から鋳造されて取り出されている”わけでが、
取り出したい面は本来は平らで真っすぐな面でなければいけないところですが、

このアルミ鋳物を鋳造するにあたって使用された金型が、
作業者によってかじり等を軽減するために、磨かれたり、
こすられたりといったことが行われていて、面がうねったり、斜めになったりと、
本来の形状が崩れてしまっていることがありました。

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

アルミ鋳物を忠実に再現・金型化Tebisのリバースエンジニアリング

Tebisのリバースエンジニアリングシステム、これを用いることにより、 元々の形状からそれに非常に忠実な面を張り直すことが可能です。 前回もお話しした通り、スキャンするアルミ鋳物が、 成形されるのに使 …

ドイツTebis社CAD/CAMシステムによる低コスト・高品質金型

ドイツTebis社CAD/CAMシステムによる低コスト・高品質金型 ①砂型製品から金型製品への完璧なソリューションをご提供 ②完璧なアセンブリ設計により、金型完成前に”金型完成品”を提示   お客様に …

アルミ鋳物金型 特殊部品の放電加工・加工基準設定

前回の続きです。芯出し球を使い加工原点を設定します。 この芯出し球は、計測球と呼ばれるものがφ10mm。芯出し球と呼ばれるものがφ6mmとなっています。 お互いの「左右X軸座標」「前後Y軸座標」最後に …

アルミ鋳物金型部品の放電加工・放電加工の計測プログラム X座標の計測

それでは今回は「X座標」の実際の計測とプログラム入力の様子もご覧いただきます。 ワークが3つありますが、一つのワークに対して計測用のプログラムを組めば、あとはMDIの自動呼出しで、繰り返し他のワークに …

ホームページをリニューアルしました。

ホームページをリニューアルいたしました。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。