誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物 ATOS3DスキャナーからのSTLデータの読込と修正

投稿日:

本日は弊社で導入致しました、ATOS3DスキャナーそしてTebisのリバースエンジニアリングシステム。

こちらを使って実際にお客様からご依頼のありました製品についてスキャンし、リバースエンジニアリングシステムを用いて、新しく部分的にフェースを張り替える。こちらの作業をご覧いただきます。

 まず初めに、3Dスキャナーで取り込んだSTLデータを表示します。
3Dスキャナーで取り込んだ状態ですと「製品の基準がずれた状態」でしかも、
ところどころ僅かではありますが、面の欠落した箇所があります。
これらの穴の開いたSTLデータを補正していきます。

 専用のソフトウエアを用いて、周囲の面と滑らかに接続するような面を張っていきます。

 STLデータはどうしてもところどころに、カメラで認識できなかった部分、面落ちしてしまった部分が存在します。そのような個所を、専用のソフトウエアを用いて、周りの形状を考慮し整合性のとれた滑らかな面を張る作業が、どうしても必要になります。
 

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

アルミ鋳物金型・シェル中子金型製作のための特殊冶具

アルミ鋳物金型・シェル中子金型製作のための特殊冶具 誉の得意技 特殊冶具製作

ジムニーで秋の紅葉とキャンプ飯

紅葉ももう終わりな感じでした。 キャンプ飯はトマトチーズリゾット   動画にはないですが 偶然通りがかったバイク神社というところに 行ってきました。  

初 つけ麺

ラーメン好きですが 実はつけ麺は汁がないので 食べたことがありませんでした。 近所のラーメン屋さんの オススメがつけ麺なので 食べてみたら美味しかった びっくりです。 人生何事も挑戦ですね。

新年恒例の東御市長久寺の護摩焚き

https://www.homale.co.jp/blog/wp-content/uploads/2020/01/aad94b3d1e1af48ae74f54477c830928.mp4 毎年恒例の長 …

Versys650のお腹の中

http://www.homale.co.jp/blog/wp-content/uploads/2017/09/IMG_3437.mp4