誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物金型部品の放電加工・電極とワークの基準合せ

投稿日:2021年3月24日 更新日:

 
電極の芯出しが終了した後、今度は最初に計測したワークの芯に電極を合わせていきます。
 まずは、Z軸方向。つまり実際の加工深さに合わせていきます。この場合、計測したZの基準は芯出し球より-166.660でしたので、そこまで電極を下げます。そこでZをゼロにリセット。続いて加工終了のZの値がこれより+106.04mmなのでそこまで電極を上昇させます。加工終了のZ値まで上昇させた後、ゼロにリセット。ここからさらにZ+100mmまで上昇させこの100を実際に加工機に入力するZの値とします。
 

 Zの加工値のセットが済んだら、今度は第一のワークのX及びYの計測座標値まで電極を移動させます。動画のように放電加工機から“ピッピッピッー”と警告音が鳴っているのは「加工機の限界移動量に達してしまいました。それ以上は移動できません」という警告音です。ワークの全長が高いため電極とワークとが座標合わせの段階で衝突しないように、細心の注意を払って芯出しを行います。何度も何度も図面を見直して、入力数値に間違いがないかを確認し、プログラム入力していきます。
 

 無事X,Y Zが第一ワークの芯に合わせることができました。そうしましたら加工液を入れるために放電加工機の水槽を上げて、水槽に加工液を入れワークを浸します。
 

 

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

STL 点群データ

STL 点群データのリバース作業風景

STL 点群データのリバース作業風景 ATOSとTebisのリバースエンジニアリングシステムとモデリング技術の融合  

ATOS3Dスキャナ シェル巾木部品 難しい形状測定のための工夫

今回は、シェル中子の巾木部分の金型部品。こちらのスキャニングにおいて なかなかカメラから認識しずらい、「谷間の形状」をきちんと カメラに認識させることを行っていきたいと思います。 この巾木部品は、円筒 …

金型の寸法保証

ATOS CORE3003Dスキャナーによる寸法保証とものづくり丸投げサービス

ATOS CORE3003Dスキャナーによる寸法保証とものづくり丸投げサービス お客様の利点として寸法保証もできるようになりました  

誉のあきちゃんつぶやきコーナーを更新しました。

IMG_3437

初 つけ麺

ラーメン好きですが 実はつけ麺は汁がないので 食べたことがありませんでした。 近所のラーメン屋さんの オススメがつけ麺なので 食べてみたら美味しかった びっくりです。 人生何事も挑戦ですね。