誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物を忠実に再現・金型化Tebisのリバースエンジニアリング

投稿日:2021年4月22日 更新日:

Tebisのリバースエンジニアリングシステム、これを用いることにより、
元々の形状からそれに非常に忠実な面を張り直すことが可能です。

前回もお話しした通り、スキャンするアルミ鋳物が、
成形されるのに使われた金型が当然あるわけですから、
その鋳造に使用された金型が、長い年月で磨かれてしまったりですとか、
形状が崩れてしまっているですとか、そういったことがあれば当然、
3Dスキャナーもそこから成形されたアルミ鋳物を忠実に再現しますので、
本来ほしい面にはなっていない可能性があります。

 ですが、Tebisのリバースエンジニアリングシステムと弊社の「外観意匠モデリング技術」
を融合することにより、元々製品が持っている面に忠実な、
そして、接する面同士がきれいに“接線接続する面”を作成することが可能です。

  今回は、部分的に使用したい形状を取り出して、
新しく製作する金型に反映させるという作業でしたが、
この技術は、製品すべての面を張り替える技術の基礎になるものです。

  弊社はこのような技術でお客様のお悩みにお答えできる自信がございます。
是非、様々なご相談をお寄せください。
 

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

新潟へツーリング

久々にツーリングに行ってきました。 男子三人で新潟の奥只見ダムへ ダムカレーに感激しました。 今回はバイクに乗りながら 後半しゃべってみたのでぜひご覧ください。

金型の寸法保証

ATOS CORE3003Dスキャナーによる寸法保証とものづくり丸投げサービス

ATOS CORE3003Dスキャナーによる寸法保証とものづくり丸投げサービス お客様の利点として寸法保証もできるようになりました  

ATOS3Dスキャナ シェル中子 表面偏差と断面偏差

弊社ではシェルの計測も 行っております。 寸法測定はもちろん、表面偏差 断面偏差など、様々な計測項目に 対応しております。 詳細はこちらから https://peraichi.com/landing_ …

金型屋が3Dスキャナーを持つ意義と計測専門業者との決定的違い

金型屋が3Dスキャナーを持つ意義と計測専門業者との決定的違い   3Dスキャナーを持つ他社との違いは? 金型のスキャンニングとは 詳しくは動画をご覧ください

チーム林道の動画をアップしました!

林道探索の旅!動画アップしました!