誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

アルミ鋳物金型部品の放電加工・放電加工の計測プログラム X座標の計測

投稿日:

それでは今回は「X座標」の実際の計測とプログラム入力の様子もご覧いただきます。
 ワークが3つありますが、一つのワークに対して計測用のプログラムを組めば、あとはMDIの自動呼出しで、繰り返し他のワークについても、その計測プログラムは使用することができます。
 ただ注意しなければならないのは、計測球を次のワークに移動させる際のZ方向の高さと
 「X座標の測定」であれば基準となるXの平面同士の、ほぼ中央に芯出し球が来ているかどうかの確認が必要です。
 

 これは今回のワークのような“柱状”のワークだけでなく、計測する場所が「四角や丸の孔形状」についても同様に注意が必要です。また、柱状では“芯出し球の動く距離的クリアランス”に注意が必要ですし、孔形状の場合、芯出し球の早送り距離には細心の注意が必要です。でないと、計測球が早送り状態でワークに当たり、せっかく最初に出したワークの加工基準を、もう一度初めから計測し直すことになってしまいます。
 

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

3Dスキャナー

東京の丸紅に3Dスキャナーの研修に行ってきました

東京の丸紅に3Dスキャナーの研修に行ってきました 夏に新規導入するATOS Core300の 計測研修です 研修の後都内の友人と食事をして プライベートで少し一区切りが付いたので お疲れ様会をやっても …

長尺のアルミ鋳物 特殊なグラビティ金型部品 放電加工のワーク芯出しの工夫

本日はフライスや高速加工機だけでは、なかなか精度が出しずらく、加工時間もかかってしまうような、特殊な金型部品の放電加工についてご覧いただきます。 特に今回は、全長が250以上あり単純な6面加工だけでは …

坂戸昭之

新年開けましておめでとうございます

開けましておめでとうございます。 本年も誉の金型丸投げサービスを どうぞよろしくお願い致します。

ATOS 3DスキャナーとTebisリバースシステム 弊社と計測メーカーの違い

弊社が掲げる「誉のものづくり丸投げサービス」の一翼を担う “リバースエンジニアリング”のパンフレットが完成いたしました。 「誉のものづくり丸投げサービス」掲げる弊社の最大の目的は 「図面もデータもない …

ATOS CORE300 3Dスキャナー 図面もデータもないSTL・点群データの軸合わせ

ATOS CORE3003Dスキャナー 図面もデータもないSTL・点群データの軸合わせ   3D スキャナーで取り込んだ STLデータの軸合わせです 動画をご覧ください