誉のあきちゃん ブログ

お知らせ ブログ

ATOS3Dスキャナ シェル巾木部品 難しい形状測定のための工夫

投稿日:

今回は、シェル中子の巾木部分の金型部品。こちらのスキャニングにおいて
なかなかカメラから認識しずらい、「谷間の形状」をきちんと
カメラに認識させることを行っていきたいと思います。
この巾木部品は、円筒と円筒の重なったような、比較的単純な形状で
実際の巾木の外周部分はそれほどスキャニングが難しくはありません。
ですが、この円筒と円筒の間に、少し特殊な谷間の形状(凹み形状)
アルミ鋳物の製品の形状があります。
その部分もきちんとスキャニングして、巾木部品の形状を作成していこう。
その様に考えました。
そのためにATOSのカメラの向きを変えたり、角度を変えてみたりといった
作業を行っているところをご覧頂いております。
ATOSの3Dスキャナーのちょっとした向き、方向ですとか、角度ですとか、
上下方向ですとか、そう言った微妙な調整で、うまくカメラが認識する事が出来ず
形状が取り込めないといった、コツのいるところになります。
弊社は、深くて狭い「リブ形状」を持つアルミ鋳物製品など、スキャニングが
難しい形状の測定も行っております。

-お知らせ, ブログ

執筆者:

関連記事

ATOS3Dスキャナー 計測準備・キャリブレーション

実際のアルミ鋳物の測定前に 3Dスキャナーのキャリブレーション という作業があります。 より正確な測定を行うための準備です

アルミ鋳物 ATOS 3DスキャンデータとCADデータの基準軸合わせ

前回同様、面落ち箇所が存在するSTLデータの穴埋めをご覧いただきます。 一つひとつ、周りの形状を考慮して穴埋めを行っていきます。 づついて、この作業が終了しましたら、このSTLデータに対して、元々でき …

リバースエンジニアリング・STLデータの修正 鋳造業者の廃業 素材図面がない データがない 現物しかない

リバースエンジニアリング・STLデータの修正 鋳造業者の廃業 素材図面がない データがない 現物しかない 一度、弊社にご相談ください

大弛峠 長野県側 全行程

長野県側ルートの公開 https://youtu.be/gm9dYymp8F4  

趣味のバイク kawasaki D-TRACKER-X

趣味のバイク kawasaki D-TRACKER-X これからは良い季節なので バイクに乗って行こうと思います