誉のあきちゃん ブログ

お知らせ

テクニカルショウヨコハマ2022 に出展します

投稿日:

弊社は2022年・令和4年2/2~2/4に、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催される
「テクニカルショウヨコハマ2022」に長野県ブースで出展をいたします。

「グラビティ鋳造金型・低圧鋳造金型・鍛造金型・シェル中子金型の設計製作」を中核として
、砂型から量産アルミ鋳物金型化へのお手伝い。

砂型用アルミ金型の設計・製作。

そして、最新ドイツ製3Dスキャナーとリバースエンジニアリングシステムを融合した、
金型製作技術により、“図面もデータもないアルミ鋳物の金型化”を強力にサポート。

“鋳物メーカー廃業等による転鋳先のご検討”など、アルミ鋳物製品すべてにおける
「お客様の利益の最大化」を、弊社の「ものづくり丸投げサービス」が、
最短で実現できることを、是非会場でお話しできたらと思います。

-お知らせ

執筆者:

関連記事

アルミ鋳物金型部品 ワーク・電極基準合わせ後の実際の放電加工

ここまでの計測・電極位置合わせの工程が済んでやっと加工です。 今回は3つのワークがありますので、Zの加工深さに変わりはありませんが、XYの座標値をそれぞれのワークに合わせ入力し、電極のピッチを飛ばし全 …

低圧鋳造金型試作 試作立ち合いで問題点を洗い出す 鋳造から加工・納品までの一貫サービス 

弊社の金型製作は、事前に想定される、あらゆる問題点をアセンブリ上で潰し、必ず試作に立ち会うことで、さらに鋳物のノウハウを蓄積している点にあります。

ATOS3Dスキャナ シェル巾木部品 難しい形状測定のための工夫

今回は、シェル中子の巾木部分の金型部品。こちらのスキャニングにおいて なかなかカメラから認識しずらい、「谷間の形状」をきちんと カメラに認識させることを行っていきたいと思います。 この巾木部品は、円筒 …

ATOS CORE300によるプリフォーム製品のスキャニング

現象液を塗って計測ポイントシールを貼ったら、いよいよ計測です。 あらかじめ3Dスキャナーを暖機運転させ、キャリブレーションを 行い準備しておきます。 今回のアルミ鋳物製品は、形状的には、それほどスキャ …

Dトラにガソリン予備タンク取付